夏の疲れをとり、秋を迎える準備を

夏の疲れをとり、秋を迎える準備を

働きっぱなしだった夏を終え、お休みをいただきGO TO トラベル キャンペーンで那須板室温泉の大黒屋さんに3日間、お世話になってきました。古くから薬湯として親しまれてきたお湯はとても気持ち良かったことは言うまでもありませんが、アタラクシアという黄土で作られた40度のあったかいお部屋がありました。モロッコでいうハマムにも似ていると思いながら、2日続けて体験させていただきました。たくさんのマイナスイオンがでているという黄土のお部屋で、浴衣を来て1時間ほど横になってうとうと。気持ちもほぐれ、日々の仕事で疲れ果てた目の疲れも取れ、つるつるのお肌に変身しました。

そして、本日、肌の定期チェックに行ってきました。隠れた「シミ」や「皮脂詰まり」などの見た目ではわからない肌の状態をUV画像で撮影し、キメやくすみをみてもらいました。身体を酷使したら、お休みやチェックは必要です。この夏はCOVID-19の影響で、いつもより太陽の下で過ごす機会は減ってはいたものの、マスクで頬のあたりが擦れ「シミ」になりそうだと気になっていました。また、9月は肌がごわつき、うるおい保持の低下を感じる季節と言われています。

肌のチェック結果はなかなか、満足いく状態でした。結果が良いと気持ちもあがりますね。アタラクシアやサボテン美容液のおかげでしょうか。