モロッコ王国の魅力(緑色編)

モロッコでみる緑色の世界

モロッコの国教はイスラム教ですが、緑色はコーランでは「楽園」を意味する色で、代表的な色のひとつです。このため、フェズやマラケシュなど世界遺産に指定される旧市街やモスクで見かけるZelligeタイルにも、緑色の美しいパターンを多く見かけます。


シャウエン旧市街の噴水
ハッサンモスク

マラケシュのマジョレルガーデンも私たちの愛する緑色の景色です。フランス人で東洋通のアーティスト、ジャック マジョレルによって1923年から約40年にわたって造園され、1980年代にファッションデザイナー、イブ サンローランとパートナーのピエール ベルジェによって購入され整備された植物園です。多様なサボテンも展示され、モロッコらしいカラフルなポット(鉢)や建物が緑の中に点在します。

マジョレルガーデン
マジョレルガーデンのサボテン
マジョレルガーデンの東洋エリア

モロッコの都市から出て地方を旅するとき、モロッコの自然がとても豊かなことに驚きを覚えます。荒野や土壁の家々の間にでてくる緑は、より美しく、みずみずしく、私たちを魅了します。なかでも、春のこの時期、広大な土地に黄緑色に輝く小麦の畑は美しく、野バラが咲き乱れる畑の間の小道は一日中、散歩したくなる場所です。

モロッコの小麦畑とポピー
モロッコの小麦畑
モロッコの野バラ

また、砂漠の中のオアシスのデイツの木々や強い太陽に照らされ輝くオリーブの葉もモロッコを代表する緑色の美しい景色です。

モロッコのオアシス