モロッコ王国の魅力(オレンジ色編)

モロッコでみるオレンジ色の世界

モロッコの魅力というと、

予想を遥かに上回るダイナミックな自然、ベルベル人の人たちとの温かいコミュニケーション、イスラム文化の中に見る鮮やかな色彩、などなど。

中でも、モロッコの一番の魅力は”サハラ砂漠”。モロッコにあるサハラ砂漠の砂は、太陽に強く照らされオレンジ色に輝きを増す時間があります。


モロッコの砂漠

朝のサハラ砂漠

鮮やかな空の青とオレンジの砂漠のコントラストは、モロッコで見る最も美しい景色のひとつです。

モロッコのサハラ砂漠

モロッコのサハラ砂漠(メルズーガ)

モロッコの名産

モロッコのオレンジ

果物のオレンジはモロッコの暮らしに深く根付いています。

オレンジの品種でもある”タンジェリン”は、モロッコ北部の都市タンジェに由来します。タンジェに近いモロッコ北部はオレンジの有名な産地で、オレンジの畑が広がります。モロッコのオレンジは日本で食べるものに比べるととても甘く、ジューシーです。ジュースとしてもいたるところで供され、旅人にとっては忘れられない味となります。また、モロッコではデザートに丸ごと1人1個のオレンジがお皿にのって出されるのも驚きです。でも、果物のオレンジとモロッコのつながりはそれだけではありません。

オレンジフラワーウォーターはモロッコでいろんなところに使われています。

モロッコには、美味しいスウィーツがたくさんありますが、必ずと言っていいほどオレンジフラワーウォーターが香付けに使われています。各家庭でもホームメイドクッキーをよく作ります。気さくで優しいモロッコの人たちとホームメイドクッキーを食べながら、コミュニケーションする時間がいつかあるといいですね。

オレンジフラワーウォーターは気が付くとリヤドなどでその香が漂い、芳香剤の代わりとして使われていることもあります。

モロッコのリヤド

砂漠のリヤド 

世界遺産の街歩き

オレンジ色のモロッコの魅力は、世界遺産に指定されているマラケシュやフェズなどの旧市街にもたくさんあります。スークの中を歩くのはとても楽しく、イスラム文化を肌で感じ、その中にたくさんのオレンジ色の魅力が発見できます。

美しい景色や味、人との出会いを求め、ぜひモロッコへもいつか足を延ばしてみてください。

スークの中のオレンジ色

スパイスマーケット

モロッコのランプ