ウチワサボテン 100日目

ウチワサボテン 100日目

2019年10月に植えたウチワサボテンが急に成長を始めました。モロッコでは2月になると少しずつ荒野に花が咲き始め、初春の訪れを感じます。

私たちのウチワサボテンがあるメルズーガは、サハラ砂漠の美しいオレンジ色の砂丘を望むところにあり、モロッコの中でも温かめの場所にあります。この時期、晴れた安定した日が続き、昼間は20℃を超え、最低気温も7,8℃。


ウチワサボテン 100日目

ウチワサボテン 100日目

サボテンは一般的に冬は休眠していて、春になると目覚めて根から水分を吸い上げ成長を始めます。私たちのウチワサボテンも温かい春の日差しを感じ目覚め、成長を始めたようです。今年はこのウチワサボテンはどのくらい大きくなってくれるのだろう、ウチワサボテンの実はつけてくれるのだろうかと、とても楽しみです。

昨年の秋、ウチワサボテンの葉を200枚植え、このうちの120本が成長しています。

砂漠エリアではウチワサボテンに井戸からくみ上げた水を細い管を通して少しずつ与えていますが、砂で水の放出する穴が詰まったりするため、パイプの点検作業もウチワサボテンを育てるための大切な作業のひとつです。