スキンケアの豆知識

スキンケアの豆知識

脂性肌、それとも、インナードライ?

脂性肌、それとも、インナードライ?の画像

脂性肌、そのお手入れで大丈夫?

「私は油っぽいから、オイルは使わない」という中年の女性にときたま出会います。皮膚にはごわつき感があり、肌が固く、夕方になるとくすみやすい。この状態は、インナードライと呼ばれ、皮膚の角層の水分量が不足し乾燥した状態です。皮膚はなんとかこの状態を改善しようと過剰に皮脂を分泌しようとします。

オイルパックでお風呂エステ

オイルパックでお風呂エステの画像

お正月はオイルパックで気持ちよくスタート

浸透性の良いサボテンオイルを利用した、お風呂でのオイルパックで脂肪酸を角質層に浸透させれば、吸い付くような肌感覚が取り戻せます。オイルパックには油脂と呼ばれるオイルが適しており、必須脂肪酸や多様な脂肪酸が豊富な油脂が魅力的です。

寒い季節だからこそのオイル系ブースター

寒い季節だからこそのオイル系ブースターの画像

寒い季節だからこそのブースター

ブースターは、基礎化粧品を肌の奥深くに浸透させやすくするものです。この季節、スキンケアにブースターを加えるだけで、肌の柔らかさや潤いが復活します。自分の肌タイプに合うブースターをこの冬使用してみることをお薦めします。

スキンケアのためのビタミンとサボテンオイルの関係

スキンケアのためのビタミンとサボテンオイルの関係の画像

スキンケアのためのビタミンとサボテンオイルの関係

ビタミンC、ビタミンA(レチノール)、ビタミンEなどを化粧品やスキンケア製品へ利用するにあたり、安定性や美容効率向上が課題です。脂溶性ビタミンを皮膚に効率よく届けるため、サボテンオイルを利用したナノカプセル技術が優れていることが報告されています。

好きな香りに囲まれて暮らす

好きな香りに囲まれて暮らすの画像

好きな香りに囲まれる暮らす

香(かおり)を含め、5感(香、触感、景色、味、音楽)について、それぞれ好きなことを5個ずつリストアップしてみましょう。それらを意識し、囲まれて暮らし始めると、生活がとたんに華やかになるのがわかりますよ。毎日のスキンケアの香も、ほっとできるものがいいですね。

リノール酸の皮膚での役割

リノール酸の皮膚での役割の画像

リノール酸の皮膚での役割

リノール酸はウチワサボテンオイルに含まれる代表的な成分です。皮膚での役割や一般的な化粧品に配合される理由についてまとめてみました。